未分類

もみ殻を活用した紙「momi-kami コートボール紙」の開発・量産に成功しました

廃棄されたもみがらを活用してできた紙素材「momi-kami コートボール紙」(モミカミ)を2022年9月に開発、量産化に成功しました。日本で年間約200万トンも排出される「もみがら」をパルプに配合することで、地球環境に配慮した循環型社会の実現に貢献します。また、素材の売上の1%をフードバンクに寄付することで、フードロス問題の解決を応援します。

詳しくは、廃棄される「もみがら」を活用した紙の新素材「momi-kami」を開発のプレスリリースをご覧下さい。

コメントを残す

*