全ての廃棄を価値あるものに Food Lodss Paper

フードロスペーパーとは

すべての廃棄を価値あるものに。フードロスペーパーは、フードロスや廃棄される食材を使って価値ある紙に変換された素材です。様々な再生素材と組み合わせることが出来るため、ニーズに合わせた開発が可能です。企業や自治体のSDGs活動を紙素材を使って応援いたします。

フードロスペーパーが求められる背景

  • ①フードロス問題

    日本の食品ロス量は、年間643万トンとされています。ピンと来ないかもしれませんが、
    これは、一人が毎日ご飯茶碗1杯分を捨てている計算です。
    おにぎりで換算すると、一日に1億2,000万個分に相当します。

    食品ゴミ
  • ②フードロスの影響

    フードロスは食料不足の問題や、環境負荷に対する問題はもちろん、経済的な損失も発生します。最終的に捨てられるものであっても。石油などから生まれるエネルギーはもちろん、生産者や労働者が費やした手間や時間も無駄になってしまうわけです。

    お米の生産の様子
  • ③循環可能な素材「紙」

    海洋プラスチックごみが、さまざまな深刻な問題を起こしています。海で海洋ごみに絡まったりこれを誤って摂取したりすることで、絶滅危惧種を含む700種もの生物が傷つけられたり死んでいます。
    いずれ分解し土へと戻る紙という素材が注目を浴びています。

    ウミガメも生きる綺麗な海

フードロスペーパーの事例

最近の投稿

お問い合わせフォーム

    フードロスペーパー(kome-kami・クラフトビールペーパー)やその他の素材での紙の製造のご相談や、購入・お取り扱いについてのご相談など、どんなささいなことでもお気軽にお問い合わせください。

    お名前
    お電話番号
    メールアドレス
    貴社名・団体名
    お問い合わせ内容